美意識を意識する

2022年01月26日

ちょっと今回は難しい?話です。

ダンスやアートにまつわる文献をよく読むのですが、その中に「美意識」というワードが飛び込んで気になって色々と考察してみました。


美意識とは?

  • 美の基準があり、到達しているかしていないかの判断がある
  • ルールがある
  • 自分なりのものさしがある

美意識とは

  • 自分自身の美のルールが思想になる
  • 美意識を持つことは、自分の思想を持つこと

「何」をルールや思想とするのか?

何を美しいと感じ

自分のルールとするのか?

美術館など特別な場所も良いけれど、周りには美しいものが溢れていて

それを五感を使ってどう感じ取るかで美を捉える力は鍛えられる

ルールや思想はどの程度か?


本人次第

強ければ強いほど、周りには認知され影響を与えるかもしれない

弱かったり、方向転換ばかりしていれば、自分を信じ切れないのかもしれない


一番身近な美意識?

服や持ち物ではどうだろう?生活習慣でも良いかもしれない


「何」が好きなのか?

似合うのか?

そもそも好きなものはあるか?

好き以外は見向きもしなくなるか?

好きを継続できるのか?


いろんな判断基準があるし、他人が強要できるものではない

世の中のおしゃれと言われる方々はこのトライアンドエラーを延々と繰り返し、

スタイルが確立されてもそれを続けている方々だと思う

別に辛いことでもなんでもなくて

好きだから

楽しいから続いていると感じる



では踊りだったら?

自分の世界観を表現したかったらどうする?

好きなジャンル、踊り方、など好きをどこまで追い求めるのか?

自分が美しいと感じるもの

美しいと思って取り入れて表現したいものはあるのか?


真似しているだけだと自分の思想はない

持ちたい人だけ持てば良い

憧れからスタートでも

妥協せずにトライアンドエラーを続ければ

いつしか自分の中の好きを表現する

「自分らしいダンス」

が創られるのではないかと思っている



つらつらと書きましたが、美意識とは?

美意識を意識する事がスタートです

意識することで、自分の踊りや生活環境が美しく進化します