さらほうじゅで踊る

ベリーダンス・スタイルについて

さらほうじゅで教えているスタイルです。
初心者の方は、トライバル・フュージョン・スタイルから始めて徐々にスタイルを広げていく方が多いです。

あなたにおすすめのスタイルは、、

 ダンス初心者の方>

   トライバル・フュージョン・スタイル

 <みんなと一緒に踊りたい!という方>

   アメリカン・トライバル・スタイル

 <オリジナルの世界を表現したい方>

   インプロビゼーション・スタイル



アメリカン・トライバル・スタイル(ATS)

1980年代、アメリカ・サンフランシスコにてFatChanceBellyDanceStudioのディレクターであるキャロリーナ・ネリッキオにより確立されたスタイル。 


トルコやエジプトのものと比べ、比較的新しいスタイルのベリーダンス。ジルと呼ばれる親指と中指につける小さなシンバルを叩きながら踊る。
ベリーダンスをベースに、バレエ、フラメンコなど西洋舞踏の様式が練りこまれている。
通常2~4人の群舞でキューと呼ばれる合図により即興で踊られるのが特徴。中央アジア~アフリカの影響を大きく受けて、色鮮やかなジプシースカートやトライバルジュエリーを身につけて踊る。


また、決まったルールで踊られるためATSを学んだダンサー同士なら、初めて会う人とも即興で踊れるのも魅力の一つ。 


さらほうじゅでは、ジルだけでなく刀やジプシースカート、バスケットなど様々な小道具でアレンジして踊ることが可能です。

また、日本文化を海外の方へ知ってもらうこと、自分たちの文化の素晴らしさを再認識するためにも日本ならではの小道具や衣装を取り入れて踊ることもあります。

トライバル・フュージョン・スタイル(TribalFusionStyle)

ATSとAmerican Cabaret(レストランやホールなどでお客と近い距離で踊るスタイルのこと)ベリーダンスを融合させたベリーダンスの現代的なダンススタイルです。 アーティストは、ポップ、ヒップホップ、エジプシャン、キャバレーのベリーダンス要素、フラメンコ、カタック、オディッシー、バレエなどの伝統的な形式の動きや、その他の民俗舞踊やクラシックなダンススタイルを頻繁に取り入れているものになります。 ベリーダンスの要素とそのほかの要素が半々のバランスが理想的と言われています。


ダンサーの個性を多様に発揮できるスタイルで、今現在も進化し続けているスタイル。
音楽や小道具にも多様性が見られ、オリジナルをやりたい人にはオススメです。

さらほうじゅでは、ベリーダンス特有のリズムが含まれる音楽を始め耳馴染みのある音楽を使用するなど幅広い音感を身につけるとともに自分に似合う衣装や得意な踊りを見つけるサポートをしています。


インプロビゼーション・スタイル

(Improvisation Style)

さらほうじゅで推奨しているスタイル。ダンスの経験やステージの経験数は関係ありません。

古来より踊られているベリーダンスは、元々は即興で踊られていたスタイルでもあります。ステージで魅せるために振付も人気ですが即興も同じように人気があります。

即興は難しいと思われがちですが、振付と同様練習することで初めて聴いた音楽でも気持ち良く踊って楽しめることが可能です。

テーマを決める、気持ちを表現する、決まった動きをテンポや音楽を変えて踊るなど練習・表現方法は様々です。

1人で踊る時はもちろん、何人かで踊る群舞にも活用できます。

ステージに立つとミュージシャンとの掛け合いや、他のダンサー達と踊る時にあなたにとって良い財産となるでしょう。